ベルベットのグランドとは何でしょうか?

2007.04.14

地糸とも呼ばれる、ベルベットの土台となるほうの糸組織を指します。


ベルベットの服にしわがついたときはどうすればよいのでしょう?

生地が立毛の場合アイロンは絶対に使ってはいけません。弱いしわならば湿気の多いところ(浴室など)に一晩ハンガー掛けしておきましょう。ただ、水滴が上から落ちたり、塗れた壁に直接服が接触する様なところに掛けてはいけません。また、強いしわの場合は服に霧吹きで蒸気を吹きかけ、ブラシ掛けをして、きれいになったらドライヤーで乾かしても良い結果が得られる場合があります。ただし、この方法はコツが要りますので、出来るだけ専門の方にお願いした方が良いでしょう。
また、ナデ毛の場合はあて布をしてアイロン掛けをして下さい。アイロン掛けをする前にブラッシングしておくと効果的です。この場合もある程度の要領が要りますので、出来るだけ専門の方にお願いしましょう。


ベルベットは何で出来ているのですか?

製織が可能な糸ならなんでも素材となり得ますが、一般的なものはポリエステル、レーヨン、シルク、綿などです。特に近年は加工による面白さを出すために、グランドと パイルで糸を替えてグランドにはポリエステルを、パイルにはレーヨンを使用するという組み合わせがよく使われます。この組み合わせの場合、オパール加工や、シャンブレー染めが可能です。


ベルベットとベロアはどう違うのですか?

本来はベルベットは織物で、ベロアは編み物です。しかしながら最近ではカジュアル系のベルベットのことをベロアと呼ぶデザイナーの方もおられます。いずれにしても、どちらもパイルを構成する生地のことを指します。
なお、編み物のベロアは一般的に伸縮性がありますが、織物であるベルベットは伸縮性がありません。
※ベルベットでもストレッチ糸を使うことにより伸縮性を出すことが出来ますが、その場合でもその用途はどちらかというと普通の服地向きで、レオタードなどの生地としては向いていないです。


ベルベットとビロードはどう違うのですか?

ベルベットとビロードは同じものです。ベルベットは英語から来ているのに対し、ビロードはポルトガル語、スペイン語から派生した言葉です。


他にない物あきらめない(繊研新聞)

2007.02.05

繊研新聞2007年2月5日
ここに技あり
リネン、ウールもベルベットに
優雅な光沢で最高級の織物として君臨するベルベット。最近は街着にも定着し、身近な雰囲気を増す傾向にある。伝統の枠に納まらず、ファッション素材として発展する間に、世界で知られ始めた名前がある。福井の山崎ビロードだ。
本物の商品開発
リネン100%のベルベット。伸度が低く、どんな織物にするのも難易度が高い麻を、山崎ビロードがベルベットとして完成させたのは昨年のことだ。足掛け3年。糸に微細な傷があり、切れやすく、織機がまともに動かない。織機の改良から、糊やオイルの品種の変更など、10センチの織物にするまで3ヶ月かかった。糸をかけてはすぐ止まる織機の前に一日中、立っていたら、どうなるか。「全部、引きちぎって、破り捨てたくなる」と、山崎昌ニ会長は苦笑する。しかし、新しい素材に取り組む時はいつも同じことの繰り返しだ。頭を冷やし、織機から離れている間に、「おっかあ(夫人)が、糸をつなぎ直してくれている」。最も身近で優秀な技術者である夫人との二人三脚で、45年近い歳月をベルベット作りに専念してきた。
リネンの前にはウールを完成させている。その前は綿だ。もともと長繊維の産地で、準備から染色まで、節のある短繊維は得意ではないが、緯糸だけを変える程度では、「本物の商品開発」にはならない。安価な中国製品などと一線を画す必要もある。ナイロンやポリエステルのマイクロファイバーなど、最先端の合繊も含めて、本場と言われるイタリアでも、まず使われていない素材への挑戦を重ねた。
賃加工が全盛の時代でも、試織に5、6台を割きながら、「他にない」物に挑んできた。オパールもリネンも、さまざまな難しい組み合わせを、染色や加工を担う技術者たちが嫌がらずに、一緒に物作りをしてくれた結果だと言う。「すべては、素晴らしい人々とのつながり」。そんな思いを強めながら、新たな草木染めに向かう。


産地に意欲的な動き(繊研新聞)

2006.08.03

繊研新聞2007年8月3日
日本の素材づくり
”スーパーフラット”にも共通点
アナログを支える
「スーパーフラット」という言葉が話題になっている。意味は、伝統的な日本画とアニメーションのセル画に共通して見られる造形上の特徴を表現した概念であり、最近の海外からの日本文化の評価にも使われる。
ファッションの上でもどこか共通点を感じる。フラットなものの見方は、複雑に入り組んだ部分をもシンプルに分かりやすく表現するが、アニメーションのセル画のようにわずかな動作の流れを一枚一枚描くことにより、繊細な動作も躍動感をも表すことができる、いわばアナログの世界を大切にする、心と技術がデジタルを支えていると言えよう。
日本の素材作りもテクノロジーの観点から高い評価を受けている。これは科学や化学の研究の成果も大きいが、産地の人々が伝え磨いてきた技術を、今、フラットな考え方で周囲の意見や市場を見聞きし、経験や勘を働かせるというアナログ的な方法への評価でもある。
福井県の越前市中津山地区は古くから日本有数の羽二重の産地であったが、その中でベルベットの生産に挑んだのが山崎ビロードの創業者、山崎昌ニ氏。会長でありデザイナーの肩書きも持つ。ベルベットをあえて「ビロード」と呼ぶところに氏のこだわりを感じる。フラットな企業理念は、新しいものへの挑戦に意欲的でもある。新しい触感で今後が期待されるナイロン(メリル)を使ったベルベットは、VとWの打ち込みでその効果や手触り感が異なり、さらに研究を重ねている。
新植物繊維として注目されている竹や紙は以前より関心があり、地元の名産でもある手漉きの和紙を組み合わせたレーヨンベルベットはニューヨークの近代美術館に永久保存されている。


継続は力(繊研新聞)

2006.06.16

繊研新聞 2006年6月16日
談話室
「継続は力なり。本当に実感したから、皆にもそう話している」と語るのは山崎ビロード工業の山崎昌ニ会長。日本のテキスタイルを語る時に必ず名前があがる山崎さん。しかし、「福井県のさまざまな繊維業者が初めて東京で展示会をした時は、誰にも見向きもされなかった。無視されたり、厳しいことを言われたりしても、つづけることでしか可能性は広がらない」と、日々、新しい物作りに臨む。


ニッポンで一つは世界で一つ(繊研新聞)

2006.05.13

繊研新聞 2006年5月13日
07年春夏テキスタイル 得意技いろいろ
起毛生地はシーズンはシーズンやアイテムを限定せずに広がりつつある。裏側に色や柄のある布を張ってニードルパンチで表にうっすらと浮き上がらせたベルベット(写真7、8)が登場。他で作れない技で存在感を高めている。

生産現場に見る「技術」継承(繊維ニュース)

2006.04.25

繊維ニュース 2006年4月25日
技術革新と「匠の技」
多様な対応で伝統受け継ぐ



最近の投稿

カテゴリー

ブログを検索

アーカイブ