ビロード工房 TOP > ベルベット生地の専門店 ビロード工房YAMAZAKIのブログ > お知らせ > 【ベルベット生地】イタリア ミラノ・ウニカに出展

【ベルベット生地】イタリア ミラノ・ウニカに出展

2018.07.24

久し振りにブログを再開します。

7/12(火)-15(木)にイタリアで主催されるミラノウニカ展(MU2018AW)に出展させていただきました。
今年は日本の技をイメージし、日本でしか作れない、織れないものを考えた結果、日本の職人による和紙を貼り付けた生地や紙の糸で織った生地など約30商品を出展させていただきました。


↑『展示した商品』

日本の技をイメージした生地がお客様に大変ご好評で、たくさんのサンプルをピックアップしていただくことが出来ました。
その中でも和紙を貼り付けた生地(YV-026)、紙の糸で織った生地(YV-027)が一番好評でした。

↑『和紙を貼り付けた生地(YV-026)』

↑『紙で織った生地(YV-027)』

実はこの和紙を貼り付けた生地のえんじ色がニューヨーク近代美術館に永久保存されています。
ニューヨーク近代美術館の記事

他の出展者のブースも拝見させていただきましたが、ストレッチ性のあるベルベットがあったり、いろんな発想があるなと感じられました。

お客様の中にはベルベット生地を靴に使用しようとする方もいらっしゃいました。
海外ではベルベット生地で作られた水着がすごく人気だったそうです。

当社では、510(オールコットンベルベット)が家具(クッションや引き出しの底など)によく使われており、ビンテージ風な家具になります。
最近はハンドメイドが流行っており、販売されてる方も増え、色んな独特な製品が作られていきます。

↑『ベルベット生地のソファ、クッション』

次の展示会は10月にTN展、11月にジャパンクリエーションです。
東京で行われますので、もし良かったらいらしてください。



最近の投稿

カテゴリー

ブログを検索

アーカイブ